従来の葬儀とのマナーの違い

従来の葬儀とのマナーの違い

従来の葬儀とのマナーの違い 従来の葬儀は、葬式組や不幸組などの地域の互助組織が慣習化したマナーに従って弔問や参列し、弔問や参列出来ない場合には遺族に対してお悔やみの弔電や供花などを送っていました。また、親密な関係で無くても自主的に通夜への弔問や告別式への参列が常識でした。しかし、近年の主流となっている家族葬や関東地方の葬儀の約20%を占める直葬は、自主的な弔問や参列だけで無く弔電や供花も迷惑行為とされ、従来の葬儀の常識が全く通じなくなっているのが実情です。
家族葬は、遺族と親族に加えて故人の知人だけで執り行われているのでマナー自体が不要なケースも多く、結果として葬式仏教の影響を受けていない音楽葬や花葬などの自由葬が増加しています。直葬は、医療機関や警察組織などから葬儀会場や自宅で通夜や告別式を行う事無く荼毘にふす葬送方法であり、短時間かつ低料金である事から家族葬以上のペースで増加しているのが特徴です。関西地方の一部では、火葬後のお骨拾いをする事無く遺骨全てを火葬場に処分してもらう葬送方法であるゼロ葬が増加しており、直葬を更に簡略化した葬送方法である事から日本人の死生観が大きく変わっていると言われています。

葬儀に参列した際に注意すべき忌み言葉について

葬儀に参列した際に注意すべき忌み言葉について 葬儀では、それを使うのがふさわしくない、使うべきでないとされている言葉、いわゆる忌み言葉があります。単に言葉だけの問題ではないか、そんな細かいところに気を遣うよりも、しっかりと弔意を示すことが大事だろうと言われる気持ちも分かりますが、一方でこのような言葉を使うことで遺族をより悲しませることになってしまうかもしれませんので、常識的なことはやはり知っておいたほうが良いでしょう。
葬儀で使うべきでない言葉の代表は、重ね言葉とか、あるいは不幸が続くことを連想させる言葉です。重ね言葉の例は、重ね重ねとか、続々、いよいよ、またまた、ますますといったように、同じフレーズを2回繰り返して使う言葉のことです。不幸が続くことを連想させる言葉としては、再び、続いて、またしても、繰り返しなど、同じことがまた起こる場合に使われるような言葉が挙げられます。あまりに気にし過ぎてしどろもどろになってしまっても困りますが、常識として知っておくべきではあるでしょう。

新着情報

◎2019/6/10

宗派による葬儀の流れの違い
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

従来の葬儀とのマナーの違い
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

煙が出ている「香炉」
の情報を更新しました。

◎2018/4/25

葬儀での焼香:「座礼」
の情報を更新しました。

◎2018/3/14

サイト公開しました

「葬式 言葉 」
に関連するツイート
Twitter

大乗仏教は、各地で独特の発展をしたよ。先祖代々のお墓が地元のお寺に属する〝檀家制度〟は日本特有のものだよ。また〝葬式仏教〟という現代の日本を反映した言葉も生まれてるね。(≧д≦) #buddha

ある夫婦に5歳になる娘がいた。娘「パパ、ママ、ウカヤヘテギン。」夫婦「なにを言ってるんだ?」次の朝娘「エニソヌレチキエザン。エニソヌレチキエザン。」夫婦「おかしな子だなあ」その次の日、娘が急死した。葬式後に夫婦は言葉の意味に気づき夫婦は急いで家から逃げ出した

Twitter意味がわかるとゾッとする話@zokubana4

返信 リツイート 7分前

後輩といつ長生きしたいかって話になったんだけどさ 後輩の 葬式に来てくれる人がいるうちに死にたい って言葉に共感できすぎて笑ったw

今日、お葬式でした。 仏教では、体は入れ物だそうです。 ただ、この世に生まれたからには、この世を感じ楽しみ尽くして欲しいとのお坊さんの言葉と11話の話がシンクロしました。 #グランベルム

村人の中で規律に違反したものを、仲間はずれにして付き合わないようにした事から生まれた「村八分」という言葉。なぜ「村十分」ではないかというと、「火事」と「葬式」の時だけは例外としていたため。

(江戸を託せるのは そなたらしかいない) ならば俺達には 葬式も別れの言葉もいらねェな 交わすのは この盃だけで充分だ

特に、かなり面白い韻を踏んでいることも見逃せませんね。 完璧に固い韻ではありませんが、 組織票→葬式場、など若干リズムの違いがあることで意外性のある言葉の繋がりになっています。 ただの悪口ではなく、 ラップという表現。 マイナスをプラスに変えるのがヒップホップ。 こういうことですね。

最後の言葉かなんかみたいだね笑 僕の葬式のとき、そっと耳元で言ってあげて。成仏できそう。 #peing #質問箱 peing.net/ja/qs/420198580

ママのお葬式のとき、棺が土の中に入れられて、僕は泣いた。それが最後。もう二度とママとは会えない。何か言ってもらいたくて、パパの顔を見上げた。何か希望の持てる言葉を言って欲しかった。パパはただ、僕の手をしっかり握った。その手の感触から守られてるって感じた。 #gleejp_bot

TwitterKurt Hummel(カート・ハメル)@KurtHummel_bot

返信 リツイート 昨日 22:07

大学の卒論書いてたとき、祖父のお葬式のお別れの言葉を妹と考えてたとき、前の職場で論文書いてたとき、流してた曲って全部澤野さんの曲がだった。 澤野さんの曲が心の支えだった。 何年経ってもそれは変わらない。

Twitterゆう@取引兼趣味垢@sakusaku_yu_

返信 リツイート 昨日 21:36