煙が出ている「香炉」

煙が出ている「香炉」

煙が出ている「香炉」 葬儀の時に焼香の時に使用するのが香炉です。お線香をたてるのも香炉といいますし色々な種類のものがあり、お茶会などでも使われます。それぞれ形も目的も違いますがお香を焚くということは同じです。
焼香は初めはインドで体臭を隠すため体や衣服に塗ったりしたものが、仏教でも仏の荘厳のために行われていたので、仏教と共に伝わった。焼香は古くから行われ、昔は粉末の抹香を使用していました。平安時代には蜜などで丸状に固めた練り香を焚く方法もできました。
葬儀で使う香炉はほとんどが長四角で二つに区切られた物を使います。葬儀でお香を焚くのには色々な意味があります。その一つに≪極楽世界を想起し、仏恩を喜ぶ≫というのがあります。これはすべての人に差別・区別なく行き渡る仏の慈悲と言われてます。その他に、体と心を清め仏様の功徳をたたえ逝去された方を弔うために仏前でお香を焚きます。焼香の仕方は宗教によって異なりますが、故人の冥福を祈りご遺族に哀悼の意を捧げるという気持ちはみな同じです。

知っておきたい葬儀での焼香:入れる粉の正体

知っておきたい葬儀での焼香:入れる粉の正体 お葬式に行くと、祭壇の前でお焼香をするのが習わしですが、あの葬儀の際に壺の中に入っているおが屑のようなものは一体何なんだろうと疑問に思った人は少なくはないはずです。焼香というのは、香を焚いて仏や死者を拝むことですが、あの粉のようなものはさまざまな種類の香を細かく刻んで混ぜ合わせたものです。基本的に使われる香料は沈香、白檀、丁子、鬱金、龍脳の5種類となります。しかしながら現代では10種類以上の香料を混ぜ合わせたものも用いられるようになりました。焼香にもグレ-ドのようなものがあり、上質の天然香料だけで作られたものは、値段も高くなっています。また、保存は桐の箱が最適とされています。
焼香をする際には宗派によってやり方が異なる場合があるので、葬儀に参列することになったら自分の順番になって慌てることのないように、宗派がわかるようであれば、前もってやり方を調べ、急なことでわからないようであれば、落ち着いて周りの人に倣うことをおすすめします。

新着情報

◎2018/10/31

従来の葬儀とのマナーの違い
の情報を更新しました。

◎2018/6/20

煙が出ている「香炉」
の情報を更新しました。

◎2018/4/25

葬儀での焼香:「座礼」
の情報を更新しました。

◎2018/3/14

サイト公開しました

「香炉」
に関連するツイート
Twitter

RT @requioblue: ソーラーコード176「香炉を持って祭壇の神父に仕える少年」

RT @lmn13k: ねえ香炉って火ぃつけられるの...!全然知らなかったんだけど...! #DQB2 pic.twitter.com/HtCri5cEfS

香炉出てきたからキメてる pic.twitter.com/mpaKrql4Hs

Twitter8⃣8⃣1⃣0⃣@8810

返信 リツイート 28分前

香炉は華美であればあるほど良い

RT @requioblue: ソーラーコード176「香炉を持って祭壇の神父に仕える少年」

[上香普同三拝]じょうこうふどうさんぱい:導師が香炉に線香をさし、全員で三拝する。#坊主 #法要

RT @BLKMDDYRVR: 地蔵堂の前にある香炉に落ちた椿がみっちり供えてあった。側に立つ紅白の椿。落ちた花さえもが自然の恵みで、それを菩薩に供える。ひとつ花が終われば次の花の季節が巡る。 pic.twitter.com/pxBWsvqv3e

RT @lmn13k: ねえ香炉って火ぃつけられるの...!全然知らなかったんだけど...! #DQB2 pic.twitter.com/HtCri5cEfS

RT @lmn13k: ねえ香炉って火ぃつけられるの...!全然知らなかったんだけど...! #DQB2 pic.twitter.com/HtCri5cEfS

オスマントルコ帝国のハレムのイクバル(側室)みたいな豪華なお洒落な香炉とかある部屋かビジホの無機質なお風呂でくつろぎたい